マンスリーいざき 2014年9月号 「小中学校へのエアコン導入、着々と進行中」

市民の皆さま、こんにちは。流山市長のいざきです。
夏休みも終わり、二学期が始まりましたがまだまだ暑い日が続いています。

地球温暖化に加え、東京のヒートアイランド化が進み、都心部や関東内陸部よりは気温が2,3度低い流山市でも、気温は年々、上昇傾向にあります。

そんな中、今年6月末までに、流山市の全中学校の教室にエアコンを導入しました。4年前の猛暑時に全教室に扇風機を2台づつ取り付けましたが、この扇風機とエアコンで、夏休みまでの3週間が、「快適だった」と生徒の皆さんからも意見を寄せてい頂きました。

7月初旬に確認のために私が各中学校を訪れた際には、「勉強に集中できるようになりました」「これで成績が上がります」とわざわざ報告に来てくれた生徒さんもいたほどです。

9月も同様に、真夏日や猛暑日には、エアコンを稼働させ、快適な学習環境をつくります。

今回のエアコン導入には、災害時などの停電時対応ができる設備も、各校に1台、整備されています。

尚、小学校へのエアコン導入は来年の夏前までに、流山市全小学校の全教室への導入を完了する予定です。